INTERVIEW

社員インタビュー

2019年入社 中途

フロントエンジニア(iOS)

Q1. 今のお仕事の内容、やりがいを教えてください。

僕はLink-UにiOSエンジニアとしてフルタイムで入社しました。
入社した時に、React Nativeや純粋関数型を使ってみたいなと思っていました。すぐに実行できることを期待していませんでしたが、僕が思うよりずっとLink-Uは新しいことにオープンで、少しの議論とテストをした後に、私が提案した構成をLink-Uで新規開発するアプリに使用することになりました。柔軟さや自由はあるもののその分大きな責任感もついてきます。
でも、Link-Uにいてこの責任という圧力を同僚や上司から感じることはありません。アプリを制作してコンテンツを配信していく仕事は時間との戦いで、常に変化が速く、制御不能な状態にならないようにうまく舵取りのバランスを保つことがとても緊張感を感じつつ、一番やりがいもあります。

I entered Link-U as a full time iOS developer some 4 months ago. At the time I brought with me some rather extreme proposals to move to a single state React Native architecture. I had no expectation to be able to instantly implement such huge changes at a new company but I found Link-U to be unexpectedly open to new things and after a few discussions and trials I’m now implementing exactly what I proposed while creating their latest app. This freedom comes with its due responsibility but at Link-U I have always felt that sense of responsibility coming from within rather than being pushed on me by my colleagues or superiors. Getting to create pop-culture related apps with the technology I believe most in is fantastic and while the speed everything moves at is challenging I have found it to be at a thrilling balance rather than being overwhelming.

Q2. Link-Uに入社を決めた理由を教えてください。

僕はフルタイムで働く前に、何回かパートタイムとしてLink-Uで働いていました。
一番最初の社員旅行の時、温泉に創業者2名と浸かりながら、Link-Uの目的やビジョンについて訪ねたことがあります。自分が思っていた答えとは違ったことを覚えています。
おそらく世界を変えるだとかそういうことが普通の会社ならでてくると思っていましたが、彼らの答えは当時の会社の規模にマッチしたすごく控えめなものでした。日本語があまり上手ではなかったのですが、理解した答えは「友人のために素晴らしい仕事環境を作り上げたいな」ということでした。
僕は他の日本の会社で働いたことがないのですが、よく噂に聞くのが、残業や旧態依然とした職場、ロジカルでない上司などで疲弊することです。こういったことから離れ、Link-Uは「オフィス」というよりも「友人の集合体」を作りたいんだ、と理解したのです。
この事と、もともと僕は若い会社の持つエネルギーが好きなので、この会社で働きたいと思いました。

I had been working part-time at Link-U on and off for a few years before joining Link-U full time. I remember a company trip in the very beginning, I was sitting in an onsen with the two founders, asking for the purpose and vision of Link-U. I didn’t get the answer I wanted or expected. My own ambition for any company I might found would be to change the world in some grand way. Their answer was more modest and probably appropriate for the size of the company at that time. In my head and with my rather lacking Japanese skills I surmised it as “we want to create a great workplace for our friends.” I haven’t worked at any other Japanese company but I have heard the horror stories of overtime, conservatism and unreasonable superiors. Breaking loose from this is one of the aims of Link-U and I have felt that it creates a workplace that feels more like a gathering of friends than an office. This and the fact that I love the pulse of a young company made me choose to work at Link-U.

Q3. プライベートの過ごし方を教えてください。

東京に住むことは一つの長い旅行のようです。週末には、友人や妻とこの果てしない街を、ランダムに歩き回るのが好きです。東京のような大都市では、いつも人混みの中動かないといけない時もあり、それに抗いながら過ごす方法を身につけないといけません。人ごみを甘く見ると観光地で痛い目にあいます。
Link-Uのとても良い制度のうちの一つが、フレックスタイムを利用して水曜日は基本在宅で仕事ができることです。水曜日は皆が忙しく働いている中、外出したりすることができます。
ストックホルムから来た私は自然を少見逃しているように思いましたが、電車にのれば大都会から離れて山に囲まれますし、東京の素晴らしい庭園のなかで人混みから逃れて、一時プログラミングの事を忘れて頭を休めることが出来ることは、とても素晴らしいことです。

While I’m getting accustomed to living in Tokyo it’s also a bit like one long vacation. On weekends I like to just roam the streets randomly, visiting new neighborhoods of this endless city with my wife or with friends.
In a huge city like Tokyo you’ll quickly discover the importance of both aligning with the masses but also diverging from them. Naïve sightseeing on the weekends will ruin your experience with crowds and queues. One great benefit of the flex system of Link-U combined with the default freedom to work entirely from home on Wednesdays is that one can go visit popular places when the rest of Tokyo is busy working.
Coming from Stockholm I do seem to miss nature a bit but it helps to enjoy occasional breaks from programming in the great Japanese gardens of Tokyo or taking the light-rail to the rather incredible mountains that surround one of the worlds greatest metropolis.

Q4. 今後の目標を教えてください。

海外に住むということは、人生に素晴らしい経験と、内観をもたらしてくれるし、国境を越えて働く自由に気づかせてくれます。
今は、Link-Uでもっと技術や、若い会社が伸びていく過程を勉強したいと思っています。しかし、たとえば、いつか僕が、東京に居ることや、漫画のアプリを開発することに飽きてしまった時があったら、Link-Uは、僕が東京で働き続けることを望んでいたとしても、人生を過ごしたい場所に行くことを、常に背中を押して、応援してくれるでしょう。
太平洋のどこかの島からリモートで仕事したい、とか、シリコンバレーで僕のアントレプレナーの翼を思い切り広げて羽ばたきたいんだ、と言っても。言うまでもなく、自分にとっても、Link-Uの人々は、自分の人生の一部です。

Living abroad is great to gain experience and insight in life but also opens your eyes to the freedom of not being bound to a country. Right now I still have more to give and learn about both technology and entrepreneurship at Link-U. But while I feel truly desired it’s also great to feel that if I should ever grow tired of Tokyo or creating manga apps Link-U has my back and encourages me to go where I want to be in life. Whether that is remote work from an island in the Pacific or by trying my entrepreneurship wings in Silicon Valley. Regardless, my deep connection to the people at Link-U will be an asset for life.

その他の社員インタビューを読む

Please Feel Free to CONTACT US

お気軽にお問い合わせください