出資先のRUN.EDGEが“EY Innovative Startup 2021”を受賞

2021-03-17

当社の出資先であるRUN.EDGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小口 淳、以下RUN.EDGE)は、EY新日本有限責任監査法人(以下EY)が企画し、日本全国のスタートアップの中から今後著しい成長が期待される企業を表彰する“EY Innovative Startup 2021”に選ばれましたのでお知らせいたします。

“EY Innovative Startup”は、優れたスタートアップ企業を正当に評価することでさらなる成長を支援し、経済活性化につながるイノベーションを促進することを目的に2017年より開催されています。企業は、EYのネットワーク・ナレッジ、外部有識者の意見を参考に選出され、革新性、成長性、社会性の3つの評価基準によって決定しており、今回は12分野より15社が選ばれています。

 

RUN.EDGEについて

RUN.EDGEメンバー

 

RUN.EDGEは映像分析のSaaS型サービス・プラットフォームを提供している会社です。高速シーン検索・再生技術を中心とした、映像をシーンで効果的・効率的に見るためのコアテクノロジーが高く評価され、今回受賞をいただくことになりました。

 

RUN.EDGEの野球向けサービス「PITCHBASE(ピッチベース)」は、既に日米プロ野球チームに15球団以上、サッカー・他スポーツ向けサービス「FL-UX(フラックス)」は、国内外のサッカー・バスケットボール・ラグビーのプロ・トップチームなどに導入されております。

さらに、RUN.EDGEの映像技術をスポーツ以外にも展開させ、急激に増大する動画を効率的に視聴・活用し、そこから知見・示唆を得ることに、広く貢献・価値提供をしていきたいと考えております。その一環として、教育向けサービス「TAGURU(タグる)」をリリースし、教育テックの世界最大コンペティションであるGESAwardsとASU+GSV Summitにおいて、それぞれ日本最優秀賞をいただきました。

 

野球向けサービス「PITCHBASE」

 

サッカー・他スポーツ向けサービス「FL-UX」

 

教育向けサービス「TAGURU」

 

 

Please Feel Free to CONTACT US

お気軽にお問い合わせください