温度検知データを手軽に管理・運用可能な
クライアントアプリケーションを開発
〜 ウィズコロナ時代における
従業員健康管理強化を支援 〜

2020-10-29

株式会社Link-U(本社:東京都千代田区、代表取締役:松原 裕樹、以下Link-U)は、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Andrew Schwabecher、以下JCV)と共同で、JCV顔認証管理プラットフォーム「SenseLink」とデータ連携し、管理者に温度情報の通知を実施する「JCV温度管理アプリケーション」のサービスを開発しました。

 

JCVが提供するAI温度検知ソリューション「SenseThunder」の温度検知情報をモバイル端末で管理、運用する事が可能です。企業における先進的な新型コロナウイルス(COVID‑19)感染症対策と従業員の健康管理強化につながります。

 

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」は、AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線サーモグラフィーにより、マスクを着用したままでも、僅か0.5秒でスピーディーに発熱の疑い(一定以上の高い温度)を検知します。新型コロナウイルス(COVID‑19)の拡大防止の取り組みとして、国内のさまざまな施設や病院、企業での利用が広がっており ます。「SenseThunder」は温度検知機能のみならず、事前に登録された顔写真データを元にAI顔認証による「個人特定」が可能です。認証レコードとのAPI連携による従業員の勤怠実績の確認などの拡張利用が可能です。

 

本アプリケーションは、 AI温度検知ソリューション「SenseThunder」の管理プラットフォームである「SenseLink」の管理機能をモバイル端末側で利用でき、リアルタイムに温度異常者の把握をする事ができます。ウィズコロナ時代における従業員の健康管理と合わせて、管理者の工数軽減につながります。

なお、「JCV温度管理アプリケーション」は、App StoreおよびGoogle Playを通じて提供致します。

■JCV 温度管理アプリケーションの機能
● ユーザ連携
ID、顔写真情報などの各項目をSenseLinkとアプリケーション間で連携が可能。

● ユーザ登録
新規のユーザー登録ができ、登録したデータはSenseLinkと同期。登録内容の変更、削除も可能。

● 温度データ連携
事前登録有無関わらず、全ユーザーの温度情報、マスク有無情報を連携し、プッシュ通知。
異常温度の閾値を設定が可。

※「SenseThunder」は医療機器でありません。体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用してください。

■提供時期
2020年10月26日〜
■提供方法
● 提供プラットフォーム/利用方法
iOS(iPad OS含む)、Androidアプリケーション
App StoreおよびGoogle Playよりダウンロード
● 動作環境
iOS:iOS10以上(iPadにも対応)
Android:Android 5.0以上
接続先:SenseLink GE Enterprise/ SenseLink Cloud

Please Feel Free to CONTACT US

お気軽にお問い合わせください